HHS

変デジはてな支所

1缶5400円のツナ缶「鮪とろ ブラックレーベル(モンマルシェ)」を食べてみた感想

ツナ缶 ブラックレーベル

信じられないと思いますが…このツナ缶、5,400円(税込)です。

今回レビューするツナ缶は「モンマルシェ」から発売されている『鮪とろ ブラックレーベル』になります。びん長まぐろ1尾で1缶しか作れない希少なツナ缶で、漬け込まれている油は「世界トップ10のオリーブオイル」に選ばれた、エキストラバージン・オリーブオイルです。

とはいえ、5,400円ですよ?いくらツナ缶が好きな自分でも簡単に買うことはできません。実はこれお誕生日プレゼントでいただいたんです。びっくりしましたよ。こんなに高いツナ缶もらえるなんて!


高級ツナ缶:鮪とろ ブラックレーベル(モンマルシェ)

最高級ツナ缶:モンマルシェ「オーシャンプリンセス 鮪とろ BLACK LABEL(ブラックレーベル)」

高級感あふれるパッケージに入ったツナ缶ですが、1缶ずつ丁寧に手作りしている証として、シリアルナンバーを手書きし、捺印してあるんです。

モンマルシェ ツナ缶 ブラックレーベル

「ギャランティカード(正規品である証明)」と、高級和菓子についているような「竹でできた爪楊枝」も付属していました。すごいな。こんなツナ缶見たことない。

ツナ缶 ブラックレーベル

名称は「まぐろハラモ油漬」で、国産のびんながまぐろが使われています。その他の原材料は、オリーブ油、食塩、ローレルの葉だけ。シンプルで安心できるツナ缶です。

シンプルであるからこそ、食材の良さが全てなんだと思います。ワクワクします。

ツナ缶 ブラックレーベル 食レポ

間を開けるとフワッとオリーブオイルとツナの香りが。そして、缶の中にぎっしり詰め込まれたツナが美しい。これは手作業でしかできない美しさです。

ツナ缶 ブラックレーベル レビュー

見てください。一切れがこの大きさです。中身を取り出すだけで緊張するツナ缶。ドキドキ。

ツナ缶 ブラックレーベル レビュー

お皿に出してみました。黄金色のオリーブオイルと高級マグロが輝いてます!それでは食べてみましょう。ツナ缶と一番相性がいいのは炊き立ての白米だと思っているので、まずはご飯の上に乗せてみました。

モンマルシェ ブラックレーベル 感想

オリーブオイルがしっかりと染み込んだマグロの切り身は、安いツナ缶のようなパサパサ感は皆無。しっとりとして柔らかく、それでいて食べ応えのある仕上がりです。そして、なんといってもオリーブオイルが極上の旨味。これはパーフェクトなツナ缶だと思います。

ちなみに、醤油やマヨネーズをつけて食べてみましたが、醤油をつけるとマグロ感が強くなって、マヨネーズをつけるとまろやかでトロらしさが増します。

しかし…やっぱり、そのまま食べるのが一番美味しくておすすめです!

そして、もう一つの主役がオリーブオイルです。

鮪とろ ブラックレーベル(モンマルシェ)オリーブオイル

缶の中に残っているオリーブオイルには、ツナの旨味がミックスされていて、こちらも極上の美味しさです。捨ててしまうのはもったいない!

オリーブオイル ドレッシング

ミツカンから発売されている「ドレッシングビネガー」に、高級ツナ缶の中に残ったオリーブオイルとレモン汁をミックスして、サラダドレッシングを作ってみました。このドレッシングが最強の美味しさでした。

もし、この記事を読んで「鮪とろ ブラックレーベル」を買う人がいたら、残った油でドレッシング。ぜひ試してもらいたいです。

まとめ

ツナ缶 ブラックレーベル

1缶5400円のツナ缶「鮪とろ ブラックレーベル」、自分で買うのは悩んでしまう価格ですが、ツナ缶が好きな方へのプレゼントだったらマジでおすすめです!自分は試していませんが、辛口のスパークリングワインとの組み合わせも美味しいそうなので、お酒が好きな方にも喜ばれるかも。

気になった方は公式サイトをチェックしてくださいませ。それじゃ!また!

▼関連リンク

lonestar.hatenablog.com

lonestar.hatenablog.com

lonestar.hatenablog.com