読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HHS

変デジはてな支所

ホワイトシップ印まぐろフレーク油漬け!ツナ缶様と呼びたくなる美味しさ。

ツナ缶

少し前にツナ缶のファンシーって何?ホワイトシップ印 まぐろ油漬け(ファンシー)を食べてみた!という記事を書きましたが、今回も由比缶詰所さんが作ったツナ缶「ホワイトシップ印まぐろフレーク油漬け」をパパッと紹介していきます。このツナ缶以前動画でレビューした事があるんですが、しっかり写真を撮ってなかったので再レビューです!


広告


ホワイトシップ印まぐろフレーク油漬け

f:id:lonestartx:20150927130354j:plain

自分はツナ缶が大好きですが、フレークタイプとファンシータイプがあったら、、、フレークタイプが好きなんです。白いご飯とフレークタイプのツナ缶。幸せの組み合わせ。

f:id:lonestartx:20150927130516j:plain

で、こちらはフレークタイプのツナ缶です。びん長まぐろを原料とし、綿実サラダ油等で調理した当社自慢の缶詰です。と書かれているのはファンシーと同じですね。ちなみに綿実油とは、綿の実から採れる高級サラダ油の事です。

f:id:lonestartx:20150927130809j:plain

食塩相当量も0.7gでファンシーと同じです。それでは開缶してみましょう!

f:id:lonestartx:20150927130908j:plain

美しい、、、!色白美人!!!

f:id:lonestartx:20150927131000j:plain

やっぱり最高に美味しい!フレークタイプはしっかりほぐされているので、油漬けの場合ですと味も染みこみやすく、これだけでおかずになるんです。ひとつまみのツナを口に放り込み、、、そこにほかほかの白飯を再投入!最高です。

ツナ缶を食べる時は、他の食材を一切食べず、まずはツナ缶とご飯を楽しみます。この最初の一口が好きなんです。ちょっとだけマヨネーズを付けるのも最高だし、、、ツナ缶様!ツナ缶さまーーーー!!!!