HHS

変デジはてな支所

【WordPress】MarsEditで「Post Error」「Upload File Error」が出た場合の解決方法(エックスサーバー)


この記事は「エックスサーバー」を使ってWordPressを運営しているMacユーザーで、なおかつ「MarsEdit 4」というエディターを愛用している。そんなマニアックな方向けの記事です(笑)



【MarsEdit】突然のエラーメッセージ

MarsEdit 更新できない

今までMarsEditを使って普通に更新していたブログなのに…ある日突然エラーメッセージを吐き出して更新出来なくなりました。

Upload File Error

The post could not be published because of an error while uploading an attached file: the server did not return a valid API response.

Often this is caused by the security configuration of a web server, by a faulty plugin on your blog, or by an incorrect API Endpoint URL setting in MarsEdit.

If this problem persists, try deleting the attachment from the Uploads list, and from your post content. Then, insert the attachment again before sending to your blog.

かなり前に同じようなメッセージが表示された時は設定から「API Endpoint URL」を間違いなく記述すればOKだったんですが…今回は何をどう設定しても動きませんでした。

試しに画像添付なしのテキストだけで試してみると…

WordPress ポストエラー

Post Error

Can’t post for 「ブログ名」 because the server reported an error: the server did not return a valid API response.

Often this is caused by the security configuration of a web server, by a faulty plugin on your blog, or by an incorrect API Endpoint URL setting in MarsEdit.

こちらもエラーが出て投稿する事が出来ませんでした。こうなってくるとMarsEditの設定ではなく「レンタルサーバー」側の問題が考えられます。自分が使っているのは「エックスサーバー」になるので何か情報がないか調べてみると…

「ログイン試行回数制限設定」の適用対象に「XML-RPC」へのアクセスを追加

9月3日もしくは9月7日からセキュリティ強化の設定が変わっているとのお知らせを発見しました。その中にサーバーパネル「WordPressセキュリティ設定」と書いてある項目があり、「ログイン試行回数制限設定」の適用対象に「XML-RPC」へのアクセスを追加と書いてありました。

www.xserver.ne.jp

ログイン試行回数制限設定をオフにする

ログイン試行回数制限設定

お待たせしました。今回の問題はサーバーにログインして「WordPressセキュリティ設定」から「ログイン試行回数制限設定」をオフにする事で解決しました!

ただし…今回の設定はオフにした状態じゃないとMarsEditから更新出来ないので、セキュリティ的に問題が残ったままです。もし気になる方はブログ更新時に毎回サーバーにログインして「ログイン試行回数制限設定」をオフにする必要があり…めちゃくちゃ面倒です。

と、問題は残ったままですが…とりあえず愛用の「MarsEdit」でブログ更新できるようになったので嬉しいです!それじゃ!また!

MarsEdit 4 - Blog Editor

MarsEdit 4 - Blog Editor

  • Red Sweater Software
  • 仕事効率化
  • 無料

リンク:エックスサーバー