HHS

変デジはてな支所

押尾コータローみたいなソロギターにハマったので超絶技巧なギタリストを一気に紹介します

Celebrity Elite Plus

1ヶ月半くらい前にオベーションのセレブリティ エリート プラスというギターを買いました。簡単な弾き語りをメインに練習していますが…エレアコを買ってから突然好きになった音楽があります。それは「ソロギター」というジャンルです。

ソロギターとは、ギター1本で伴奏とメロディを同時に演奏するスタイルのことで…さらにギターを叩くことで打楽器のような音までミックスしてしまう人もいます。何と言っても有名なのは押尾コータローさんでしょう!

押尾コータロー

本当にギター1本で出している音なのか!と驚くほどの曲ばかりで…いつか一曲でもいいからこんな曲が弾けたらいいなぁ!と、憧れながら押尾コータローさんのアルバムを順番に聴いていきました。

で、他にも同じ雰囲気のギタリストがいるのか調べてみると…日本を含めソロギターを演奏する凄いアーティストがたくさんいるんですね!という事で今回は自分が最近好きになったギタリストを一気に紹介していきます。

Alexandr Misko

まずは…最初のつかみとして左利き変態ギタリストから紹介します。ロシア出身のAlexandr Miskoさんです。こんなギター見たことも聞いたことも無い。そう思うはず!途中でギターのペグをグルグル回しまくるの凄すぎる。

これは強烈すぎますが…こんな感じでギター1本でドラム、ベース、ギター、それにヴォーカルの音まで表現してしまうのがソロギターの魅力です。

Sandra Bae(サンドラ・べー)

韓国生まれのギター女子、Sandra Baeちゃん。現在23歳なんですが…8年前からYouTubeに動画を投稿しています。最初に貼った曲は押尾コータローさんのカバーなんですが…ニコニコしながら軽く弾いてるけど凄すぎる。

個人的にSandra Baeちゃんが弾いているギターで好きなのは「Moon River」です。ピッキングハーモニクスを使った出だしが最高。アルバムもよく聴いてます。

It's Okay to Smile

It's Okay to Smile

KOYUKI

千本桜の超絶アレンジソロギターを弾いているのはKOYUKIさん。2001年、大阪生まれの現在17歳になりますが…この動画は2015年なので14歳!?もうね…絶句ですよ。

奏帆

連続でギター女子になりますが…奏帆さんのギターも優しくて上手で聴いていてうっとりします。

彼女がアレンジしたHey Judeをいつか弾いてみたい。

Daniel Padim(ダニエル・パディム)

最近1番聴いているアーティストです。変則チューニングが魅力のギタリストですが…アルバムが全曲通して聴きやすくて好き。

まずはこのMVを見てもらいたいです。最初は「これくらい弾けそうじゃない?」と思いますが…徐々に「えwwwこんなの無理www」って思う超絶テクニックに変化していくのが最高に格好いい。

Looking up to Giants

Looking up to Giants

Sungha Jung(チョン・ソンハ)

韓国出身のギタリスト「 Sungha Jung」さんも1996年生まれ、現在21歳と若いんですが…10歳からYouTubeに動画をアップしている実力派。今回ピックアップした動画は星野源のカバーです。何となく顔も似てる気がします(笑)

個人的にはカバーよりオリジナル楽曲が好き。アルバムも最高。

アトリエにて: L'Atelier [日本語解説書付き国内盤]

アトリエにて: L'Atelier [日本語解説書付き国内盤]

みこと

ちなみに今、自分が目指しているのは…6才の頃のみことちゃんです(笑)こんなの簡単って思いますか?実際に弾いてみると…全然弾けません!実際に同じ曲を練習していますが…一ヶ月練習してコレです(笑)

で、先ほど動画を貼ったみことちゃんは現在11歳。めちゃくちゃ上達してて夢があります!!


Don Ross

もう一度本格派のギタリストに戻ります。Don Rossもアルバムで聴いていますがポップで聴きやすい曲が多いかな。自分はPassion Sessionというアルバムを全曲再録した「Ps15」がお気に入り。

Ps15

Ps15

Elisabeth Fröhlich

ドレッド女子が山の中で演奏してるのがインパクト大。ギターの音色も美しいお気に入りの一曲。

Tommy Emmanuel

何というか…神。

コメントがだんだん雑になってきたのでこれくらいで終わろうと思いますが…とにかくソロギターのアーティストは世界各国にいて個性も強いし奥深いです。まだまだ知らないギタリストがたくさんいると思うので…これから調べていこうと思います。それじゃ!また!