読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HHS

変デジはてな支所

Illustratorを8.0くらいから使ってるけどデザイナーじゃない方が読むと作業スピードが速くなる本

神速Illustrator


たとえば飲食店で働いていてお店のメニューを作るためにIllustratorを使っている、美容院でイベントのチラシやDMなどをIllustratorで作っている。ずっと前からIllustratorを使っているけど勉強したのは8.0時代、基本的な使い方は覚えているから自分なりの方法である程度のチラシとかは作れる。

そんな方って意外と多いのでは?自分もずっとIllustratorを使ってチラシを作ったりポップを作ったりホームページのバナーなどを作って来ましたが、今回一冊の本を買った事で一気に作業スピードが上がりました。

袋文字の作成や修正って意外と面倒・・・


チラシやポップなどでよく使う袋文字ですが、今までは、、、テキストをコピーして背面にペースト、そしてその文字の線の角を丸くして、太くして、、、という感じで作っていました。今どきそんな作り方をしていたのか!?って言われそうですが、、、昔勉強した時に覚えたのはこの方法でした。

f:id:lonestartx:20140609083717j:plain

f:id:lonestartx:20140609083453j:plain

これで袋文字は完成しますが誤字があった時とか修正したい時に不便なんですよね。

f:id:lonestartx:20140609083926j:plain

まずは上にあるテキストを修正して、次に背面にあるテキストを修正、、、これが面倒なんです。しかし!今回コチラの本を参考にしたら!

神速Illustrator [グラフィックデザイン編] CC対応

神速Illustrator [グラフィックデザイン編] CC対応

  • 作者: 五十嵐華子,尾花暁,川端亜衣,金山達矢,茄子川導彦,ヤマダジュンヤ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/01/11
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

袋文字の作成にはアピアランスを使う


神速Illustratorに書いてあった方法はアピアランスを使って袋文字を作る方法でした。

f:id:lonestartx:20140609084316j:plain

まずはベースになるテキストを選択後、アピアランスから「新規線を追加」

f:id:lonestartx:20140609084551j:plain

出来上がった「線」の項目を「文字」の下に移動します。アピアランスから線の色を変更して太さを変えれば・・

f:id:lonestartx:20140609084815j:plain

袋文字の完成です。しかも、、、文字の設定要素はそのままなのでテキスト編集が簡単に出来ます!

f:id:lonestartx:20140609084948j:plain

結果が同じなら速い方がいい

神速Illustratorでは作業時間が10分から2分に短縮されるテクニックとして掲載されていますが、本当によく使う作業項目だったので、、、勉強になりました。後から誤字を見つけて時とか修正が凄く簡単に!

この本の帯には「結果が同じなら速い方がいい」と書かれています!そう思います!同じ事が出来るなら時間が短縮出来る方法を選びますよ!

最初に書きましたが、IllustratorCS以前に基本的な使い方を覚えたという方で最新のバージョンを使っているけど、最新の新機能は使わない。自分なりの方法である程度出来るから、、、そう思っている方に是非読んでもらいたい!

今回は自分が一番パパッと使えて役に立った「袋文字」について書きましたがトータル295ページで項目は全部で7つ。

  1. よく使う図形をすばやく描く
  2. イラスト&トレースをすばやく描く
  3. カラーの神速テクニック
  4. ロゴ作成の神速テクニック
  5. テキスト処理の神速テクニック
  6. レイアウト・ページ処理の神速テクニック
  7. 自動化の神速テクニック

個人的には字詰めのセットを保存する方法など、今まで時間がかかっていた事が素早く出来るテクニックを数個覚えれただけでも満足しています。Illustratorで作業するのがメインの仕事じゃない、そんな方にこそ読んでもらいたい本でした。

神速Illustrator [グラフィックデザイン編] CC対応

神速Illustrator [グラフィックデザイン編] CC対応

  • 作者: 五十嵐華子,尾花暁,川端亜衣,金山達矢,茄子川導彦,ヤマダジュンヤ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2014/01/11
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る