HHS

変デジはてな支所

火花のブルーレイBOXを買ったのでドラマ版火花の魅力を語ってみる

f:id:lonestartx:20171221100437j:plain

Netflixオリジナルドラマ「火花」全10話が収録されたブルーレイBOXを買いました。現在のAmazon価格だと15,036円になるので…少し悩みましたが何度も見返したいくらい好きなドラマなので買っちゃいました。

Netflixオリジナルドラマ「火花」はピースの又吉直樹の処女作、第153回芥川龍之介賞受賞作の「火花」をドラマ化したものです。2016年の6月にNetflix限定で放送され、その後NHKで2017年2月に内容を少し変更して全10話で放送されました。

自分はNHKで放送された火花を何となく見始めて…第3話くらいから一気にその世界観に引き込まれハマってしまった感じです。

f:id:lonestartx:20171221102756j:plain

NHKで全話見終わった後に、Netflixの一ヶ月体験を申し込み「火花」を見返し、原作になった小説も読み、さらにこのドラマが好きすぎてロケ地巡りまでしちゃいました(笑)


ドラマ版「火花」の魅力

f:id:lonestartx:20171221103617j:plain

主人公「徳永」を演じているのは林遣都さんです。繊細で内気で、それでいて熱い情熱を持ったお笑い芸人を演じています。容姿は全く違うのにドラマを観れば観るほど原作を書いた又吉直樹が脳内でシンクロします。

映画版の火花も観ましたが…徳永に関しては林遣都さん以外は考えられないと思うほどの配役だと思います。

f:id:lonestartx:20171221104709j:plain

また、このドラマ最大のポイントは…5人の監督です。総監督はストロボ・エッジなどをてがけた廣木隆一監督なんですが、エピソードによって監督が違うんです。

【監督一覧】
廣木隆一(映画「余命一ヶ月の花嫁」「ヴァイブレータ」など)
白石和彌(映画「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」など)
沖田修一(映画「南極料理人」「横道世之介」など)
久万真路(映画「白鳥麗子でございます!THE MOVIE」など)
毛利安孝(映画「おのぼり物語」など) 

火花は5人の監督が作り上げた映画のような作品だからこその面白さがあると思っています。監督それぞれの個性を感じると…ドラマ版火花の面白さがグッとレベルアップします。

自分は第三話から一気にハマっていったと書きましたが、三話、四話の監督はロストパラダイス・イン・トーキョーの白石和彌監督です。心に響いた回の監督が手がけた作品なら…きっと好きなものがあると思うので過去作品もチェックしてみようと思いました。

f:id:lonestartx:20171221112752j:plain

また自分が買ったブルーレイBOXは初回生産限定封入特典として、非売品プレスシート縮小版(キャスト紹介・監督インタビューなど全32P)が付いています。これが深いんです!

キャストへのインタビューも面白いし、先ほど書いた5人の監督全てへのインタビューも載っています。この冊子を読むだけでもブルーレイBOXを買って良かったと思いました。

ドラマで使われている楽曲も魅力の一つです。特にOKAMOTO'S の『BROTHER』という曲は、これを聴くだけでゾワゾワと鳥肌がたつほどドラマに合っていました。

原作には登場しないストリートミュージシャンの小野寺が歌う「空に星が綺麗」もよかった。このシーンがあるからこそ神谷さんの一言が胸にしみるんです。

この壮大な大会には勝ち負けがちゃんとある、だから面白いねん。でもな、徳永、淘汰された奴等の存在って、絶対に無駄じゃないねん。一回でも舞台にたった奴は、絶対に必要やってん。これからのすべての漫才に、俺達は関わってんねん。

原作とも違うドラマ版ならではの感動も多いのが魅力です。

f:id:lonestartx:20171221114916j:plain

軽い気持ちで書き始めたら思いのほか長くなってしまいましたが…ドラマ版火花は若い頃に何かにチャレンジした事がある方だったら、あの頃の熱い気持ちや悔しさなどを思い出せて感動すると思います。

Netflixを契約している方で火花を観た事がないという方がいたら…是非チェックを。それじゃ!また!

広告


Netflixオリジナルドラマ『火花』ブルーレイBOX [Blu-ray]

Netflixオリジナルドラマ『火花』ブルーレイBOX [Blu-ray]