HHS

変デジはてな支所

テレワークで休憩するタイミングが分からない方へ

フリーランスとテレワーカーだと微妙に働き方が違うので全員に当てはまることではありませんが、突然自宅で仕事をするようになると「延々に仕事をしてしまう方」「休憩ばかりしてしまう方」に分かれると思います。

自分はひたすら仕事を続けてしまう方なんですが、デスクワークを続けていると足がひどく浮腫んだり、肩こりが激しくなったり、腰が痛くなったり…とにかく休憩が足りない事で逆に体調不良になってしまうんですよね。

ちなみに休憩ばかりしてしまう人も時間管理がうまく出来ない事が原因なんですが…個人的におすすめなのは「ポモドーロテクニック」です。仕事に集中する時間と休む時間をタイマーで管理するシンプルな時間管理なんですが…ポイントは「25分」です。

ポモドーロテクニック

  1. 達成しようとするタスクを選ぶ
  2. キッチンタイマーで25分を設定する
  3. タイマーが鳴るまでタスクに集中する
  4. 少し休憩する(5分程度でOK)
  5. ステップ2~4を4回繰り返したら、少し長めに休憩する

まずは達成しようとするタスクを1つだけ選びます。ここで重要なのは「タスクを1つだけ選ぶ事」です。自宅のパソコンで作業していると様々なソフトを立ち上げたくなりますが…仕事をする25分は出来るだけ仕事に使うアプリだけにします。

25分って中途半端で1つのタスクを終わらせるのに微妙な時間なんですが…慣れてくると「次のタイマーが鳴るまでにこの仕事を終わらせるぞ!」って感じで集中力とスピードを意識するようになります。1時間くらいで出来そうなタスクなら25分×2の50分で終わらせるぞ!などなど…目標を決めて仕事をする事にも繋がります。

もし、25分のタイミングで終わった場合も終わらなかった場合も「5分休憩」します。とにかく25分経過したら強制的に5分休憩します。この休憩にも集中力を切らせないポイントがあります。それは「何もしない事」です。SNSやゲームは絶対にNG、今やっている仕事の事も考えたらダメです。

では何をするのか?

答えは「何もしない事」です(笑)トイレに行ったり、ストレッチをしたり…お水を飲んだり、何も考えない5分間を過ごすのがポイントです。これが本当に効果的なんですよ。

やり残したタスクに戻る時も集中力が切れてないし、休憩前に思いつかなかったアイデアが浮かぶ事もあるんです。無理してデスクの前にしがみついてアイデアが浮かぶのを待つより何倍も効率的です。

仕事と休憩の回数ですがポモドーロテクニックでは以下の回数が推奨されています。

・25分の作業〜5分の休憩×4セット
・20〜30分の休憩をする

この時間管理を使い出してからは仕事の時間と休憩の時間をしっかり分ける事が出来て気に入っています。もちろん仕事を始める時間と終わる時間を決めておくのも大事なんですけどね。

で、タイマーがあればすぐにも使えるテクニックですが…毎回タイマーを使うのは面倒なので自分は「Tomato One」というアプリを使っています。

Tomato One - Free Focus Timer

Tomato One - Free Focus Timer

  • Median Tech, s.r.o.
  • 仕事効率化
  • 無料

それと、先ほど「25分経過したら強制的に5分休憩する」と書きましたが…タイマーが鳴った時に「あと少しだった!」って思う事もあります。それが5分くらいで終わりそうだったらタイマーを止めてタスクを終わらせちゃいます。

しっかりと時間を管理するためのテクニックですが…あまりにも無理すると逆にストレスになるので緩くやるのもポイントです。

もし、テレワークで休憩するタイミングが分からないって方がいたら参考にしてくださいませ。それじゃ!また!

▼2年半前に書いた記事

lonestar.hatenablog.com