HHS

変デジはてな支所

脂漏性皮膚炎が顔や股間に出る方にオススメのボディソープが発売になりました。

脂漏性皮膚炎 ボディソープ

自分はずっと脂漏性皮膚炎で悩んでいましたが…脂漏性皮膚炎にオススメのシャンプーを8種類試した結果、カダソンというシャンプーに出会い現在は赤みや痒みが落ち着いている状態です。

しかし口コミなどを読むと全然効かないと書いている人もいます。シャンプーは薬ではありませんし合う合わないが激しいのでなかなか難しい問題ですよね。

で、自分は顔や股間にも脂漏性皮膚炎が出る事があり…出来るだけ肌に負担がかからないようにボディソープや洗顔も赤ちゃん用だったり負担の少ない物を選んでいます。

まず顔で頻繁に痒みが出るのは「もみあげ」から「あごのライン」なんですが、ヒゲを生やしているので…そこのラインに沿って痒み、赤み、酷い時は肌が白くボロボロと剥がれてしまう事もあります。

自分の場合は毛が生えている部分であれば脂漏性皮膚炎になってしまうので…股間なども痒みが酷くなる事があり困ってしまうんですよ。

脂漏性皮膚炎 顔

今使っているカダソンというシャンプーは…天然成分で出来ているので洗顔する事も可能です。

ですからヒゲの部分や、股間にも使っていますが…基本はシャンプーですからね。同じような雰囲気でボディシャンプーが発売されないかなぁ…と思っていたら!先日カダソンから発売になりました!

リンク:デリケートゾーンを清浄に保つ。KADASON(カダソン)ボディーソープ

カダソンボディソープ

カダソンボディソープ

身体の湿疹やかゆみに効果がありそうなボディソープになっています。公式サイトにはこういった症状が書かれていました。

  • 脂漏性皮膚炎
  • 膣カンジダ
  • デリケートゾーンの痒み
  • 水虫・白癬菌

こんな感じの悩みを持っている方だったら「低刺激ボディソープ」を使った方がいいと思いますよね。自分の場合は脂漏性皮膚炎ですが…肌の刺激を抑え、痒みを抑えてくれるボディソープだったら試してみようと思っちゃいます。

カダソンボディソープ

カダソンボディソープ成分
水、ココイルグリシンK、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドDEA、プロパンジオール、エタノール、フェノキシエタノール、クエン酸、グリチルリチン酸2K、サリチル酸、BG、シャクヤク根エキス、チャ葉エキス、シロキクラゲエキス、クララ根エキス、レイシエキス

カダソンボディソープには様々な成分が配合されていますが、その中でもポイントになっているのがこちらの成分です。

カダソンボディソープ「3種類の成分がポイント」

①グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2K

ニキビケア化粧品などにも含まれている「グリチルリチン酸」です。お肌をケアする成分と書かれていますが、漢方などに使われる甘草の根に含まれている成分になります。抗炎症作用を持つと言われているので治療中の肌にも使いやすいという事なんですね。

②サリチル酸

サリチル酸

こちらもニキビケアによく使われている成分で、抗真菌作用や角質をやわらかくする作用があります。

③シロキクラゲエキス

シロキクラゲエキス

食用キノコであるシロキクラゲから抽出したエキスで作った水溶性保湿成分です。保水力が高くモチッとしてしっとりした肌を作り出します。美容系のサイトを見ると楊貴妃も愛用してたって書き込みをよく見る成分です。

カダソンボディソープの泡立ちを検証

カダソンボディソープ 泡立ち

カダソンボディソープで洗顔しようと思うと…気になるのはやっぱり泡立ちですよね。まず手のひらに出してみましたが無色透明でした。そのまま手のひらを濡らし擦ってもあまり泡立たず…しっかり洗顔用のスポンジやタオルで泡立てる必要があります。

カダソンボディソープ 泡立ち

当たり前の事なんですが…シャンプーで洗顔したり身体を洗うより何倍も使いやすいです(笑)泡立ちもいいしシャンプーに比べ洗い流せばサラッとしますしスッキリした使い心地でした。

実際に数日使ってみた感想ですが…全体的に脂漏性皮膚炎が落ち着いている状態で使ったので効果は分かりにくかったです。ただ自分に合ってない石けんやボディソープだと速攻で肌荒れしたり痒くなるので…それがないカダソンボディソープは自分に向いているんだと思います。

カダソンシリーズは価格が高いのがネックで…今回のボディソープも3,218円と高級な商品になりますので、顔や股間などを洗うときに少量使うイメージで長持ちさせたいと思いました。それじゃ!また!