HHS

変デジはてな支所

ロジクールのマウスとBluetoothイヤホンが干渉して途切れる場合はUnifyingレシーバーを使おう。

ロジクール マウス 繋がらない

少し前にロジクールの多機能静音マウス「M590 MULTI-DEVICE SILENT」は本当に静かで使いやすい!という記事を書きました。普通に使っている時はBluetooth接続でも安定しているんですが…マウスと同時にBluetoothイヤホンを使うと突然マウスが動かなくなったりすることがあって困っていました。

Bluetoothイヤホン 干渉

自分が使っているBluetoothイヤホンはTaoTronicsのブルートゥース イヤホン TT-BH07です。安いイヤホンなのでコレが問題なんだと思っていましたが…ロジクールのマウスとiMacを接続する方法を変えたら解決しました。TaoTronicsさん疑ってごめんなさい(笑)

広告


Bluetooth接続からUnifyingレシーバー経由の接続に変更

Bluetooth接続からUSB レシーバーを使う接続方法に変えただけでは効果はなく…Logicoolの純正アプリ「Logicool Options」から『Unifying』の設定をする事で安定した接続になりました。

Logicool Options

Mac Unifying 設定

USBレシーバーをMacに差し込むだけでもマウスは動きますが「Logicool Options」の「デバイスを追加」から『Unifyingデバイスの追加』を選択します。

Mac Unifying 設定

次に「Unifying デバイスの追加」をクリック。

Mac Unifying 設定

あとはガイダンスに従い設定を完了するだけです。これだけでマウスの動きが安定して、さらに他のデバイスとの干渉もなくなりました。特に動画サイトで動画を観ているときに接続が切れる事が多かったんですが…この接続方法にしたらそういった事もなくなりました。

ロジクール マウス iMac

また自分はAnker社のUSBハブを愛用しているので…最初USBハブにレシーバーを挿して使っていました。しかし…USBハブ経由だと何だか安定しない感じだったので…

ロジクール マウス iMac

iMacに直接レシーバーを挿す事で解決しました。もしロジクールのマウスをMacで使っていて安定しないと感じる事があったら…レシーバーをMacに直接挿す&Unifyingの設定をする。この2つで直る事も多いと思います。もし困っている方がいたらお試しを。

ロジクールのマウスの接続が不安定な場合はレシーバーを遠くに離すと効果的

2017年8月16日 追記

ブックマークのコメント欄で知ったんですがAnker製品とLogicool製品は相性が良くないらしく、さらにロジクールのマウスはUSB 3.0 デバイスと同時に使用すると接続が不安定になることがあるそうです。

USB 2.0 2.4 GHz ワイヤレス周辺機器 (マウス、キーボード、ヘッドフォンなど) を、USB 3.0 周辺機器が接続された PC で使用すると、干渉によって動作が不安定になる場合があります。これは、USB 3.0 リモートハードドライブまたはフラッシュドライブの使用時に特に発生する可能性があります。
http://support.logicool.co.jp/ja_jp/article/39470

f:id:lonestartx:20170816163742j:plain

そこでリンク先に書かれていたUSB 延長ケーブルで干渉を防ぐ方法を試してみることに。

USB 延長ケーブルを使って、USB 3.0 周辺機器から出来る限り離れた場所にワイヤレスレシーバーを設置します

f:id:lonestartx:20170816164134j:plain

100均のSeria(セリア)で買ってきたUSB延長ケーブルを使いレシーバーを遠くに離すことにしました。場所は悩みましたが…他の機器と干渉しないように左側にレシーバーを出してみました。

たぶんコレで解決すると思いますが…Apple社純正以外のアイテムで完璧な環境を作るのはなかなか難しいんですね…

▼フットレストを使い出したらさらにマウスやキーボードが使いやすくなりました!

▼愛用のキーボード「Realforce」をMacで使うときの設定を書きました。

▼安っぽいマウスパッドですが…これも凄く気に入ってます。