読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HHS

変デジはてな支所

パーッと週末の夜を楽しみたいなら見た目も派手なもつ鍋がオススメだ。

岡崎市 食べ物

金曜の夜、店内にはすでに赤い顔をしたサラリーマンたちがビール片手に大声で盛り上がっていた。自分より若い人たちも多いのに、サラリーマンが多いお店に来ると大人の世界に入りこんだような感覚でいまだにドキドキする。

テーブルに向かおうとするも数々の大きな背中が行く手をはばむ。その隙間を縫うようにして予約席に到着した。今日は楽しみにしていたもつ鍋を食べる日だ。誘ってくれたのは久しぶりに会うカメラ仲間。

お酒を飲まない二人はコーラとサイダーを頼むが自分たち夫婦はビールで喉を潤す事で頭がいっぱいだった。


広告


f:id:lonestartx:20160618091321j:plain

久しぶりに会ったと書いたが、前回会ったのはちょうど二ヶ月前の4月17日だ。いろいろな事がありすぎて二ヶ月という日数が短いのか長いのかよく分からなくなっているが…とにかく久しぶりとか懐かしいという感覚は人それぞれ違いがあるんだなという事も感じた。

f:id:lonestartx:20160618092520j:plain

酢モツをつまみながらビールを流し込む。週休二日の会社が増えてきた頃から「花金」なんて言葉を聞くようになったがすでに死語だろうか。花の金曜日。パーッと週末の夜を楽しみたいなら見た目も派手な料理がオススメだ。

f:id:lonestartx:20160618094918j:plain

アボカドキムチ。真っ赤なキムチと緑色のアボカドが鮮やかな料理だ。ピリッと辛いキムチとアボカドの柔らかい食感が絶妙なハーモニー。うまい。

f:id:lonestartx:20160618095024j:plain

からあげも一般的なからあげでは盛り上がりにかける。テンション高く飲み続けるならやっぱり大盛りだ。大盛りのからあげは見ているだけでテンションが上がる。このボリュームで600円。ビールも進み、盛り上がってきたところで真打ち登場だ。

f:id:lonestartx:20160618095546j:plain

待ちに待った「もつ鍋」が運ばれてきた。蓋が閉まらない、そして鍋から溢れるほどのモツや具材が。コレは抜群のインパクト。この量で2人前のもつ鍋だという事も会話が弾むポイントだ。

ここから話題の中心はもつ鍋にシフトチェンジする。どうやって食べるんだろう?蓋はどうなるの!?と不安まじりの会話になるが…焦らず数分待てば蓋が徐々に下がっていく。

f:id:lonestartx:20160618100030j:plain

グツグツと煮えたもつ鍋にニンニクと鷹の爪をトッピングすれば完成だ。魚介の旨味を加えた豚伝(とんでん)スープと脂が少なめのモツはクドくなく次々と食べてしまう。とにかく美味しい。今回訪れたお店は愛知県岡崎市にある、豚のホルモン居酒屋「明月」、金曜、土曜は予約が必須の人気店だ。

梅雨から夏に向かって体力を奪われるこの季節、スタミナ抜群のもつ鍋を食べて乗り切ろうじゃないか。次回はいつ行こう。帰り際にそんな事を考えてしまうほど美味しいもつ鍋を食べられるお店に出会えてよかった。

2016/06/17

リンク:http://www.meigetu.jp/index.html

※明月の記事を書きすぎているので今回はいつもと全然違う雰囲気で紹介してみました(笑)それじゃ!また!

lonestar.hatenablog.com

lonestar.hatenablog.com