HHS

変デジはてな支所

Logicool MX ERGOは買うべき?気になってるけど…ちょっと高いよね。

ロジクール MX ERGO

先日メインブログでiMac周りの環境(キーボードやマウスなどの周辺機器)がほぼ完成形になったので買った商品を紹介します。という記事を書きました。

今使っているロジクールの多機能静音マウス「M590 MULTI-DEVICE SILENT」が気に入っているので、しばらく買い替えるつもりもないんですが…先日発表されたロジクールのトラックボール「Logicool MX ERGO」が気になっています。

広告


Logicool MX ERGO

9月22日から発売になるロジクール社のトラックボールマウスで、何と7年ぶりに発売されるトラックボールの新型モデルになります。

静音マウスを買うときにSNSで「おすすめのマウスはありますか?」と聞いた時、一番多かったのが「M570」というトラックボールでした。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

トラックボールを選ばなかった理由は「テキストのコピペを多用する」「illustratorを使ってバナー作成やイラストを描く事がある」この2点になります。

トラックボールだとこれらの作業がやりにくいと聞いたので、今回は普通のマウスを選びましたが…一度トラックボールを使ってみたい気持ちは残っています(笑)

ロジクール MX ERGO

で、MX ERGOのこのデザインです。めちゃくちゃ斜めになってて、パッとと見は使いにくそうだと思いましたが、これはエルゴノミクスデザインで手首への負担を最小限にしつつ、使いやすいように考えられたデザインになっているんです。

0~20度の間で最適な角度を選ぶことが可能で、一般的なマウスに比べ筋肉への負担が軽減されるそうです。

自分は東プレ Realforce 91Uを使い出してから長時間のタイピングが楽になりました。ですから、疲れにくいマウスに変更したら…さらに肩こりが軽減されるのでは!?と期待しちゃうんですよね。

だったら今すぐ予約すれば?

そう思われそうですが…問題は価格です。現在のAmazon予約価格は13,910円です。ロジクール最上級となる “MX” シリーズに位置するトラックボールになるので高いんですよ。

テキストのコピペだけがうまく出来れば…illustratorを使うときだけ違うマウスにすればいいし毎日の作業が楽になるなら…とも思いますがやっぱり悩むレベルの価格ですよね。

※誕生日プレゼントでトラックボール「M570」をいただきレビューを書きました!

Illustratorでの作業以外はテキストのコピペなども楽々こなせています。これでしばらくM570を使って大丈夫そうだったらMX ERGOを買いたいです!