HHS

変デジはてな支所

ロジクールの多機能静音マウス「M590 MULTI-DEVICE SILENT」は本当に静かで使いやすい!

2017年8月15日 追記あり

M590 MULTI-DEVICE SILENT

自分はずっとMacユーザーなんですが…マウスだけはWindows用の5ボタンマウスを愛用してきました。

新型iMac(2017)を買ってからは「Magic Mouse 2」を使ってきたんですが…微妙に右クリックをミスしたり、縦スクロールの途中で左右スクロールになってしまったり…日に日に5ボタンマウスに戻りたいという気持ちが強くなり…ついにロジクールのマウスを買ってしまいました。

広告


ロジクール サイレントワイヤレスマウス M590

ロジクール M590

今回このマウスを選んだ最大の理由は静音タイプのマウスだという事です。意外とMagic Mouse 2ってカチカチ音が大きいんですが…コチラのマウスはとにかく静か。左右のクリック音を90%以上軽減しているそうです。(左右のボタンやスクロールボタンは静音ではありませんが比較的静かだと思います)

ロジクール M590

またロジクール独自の「FLOW」という1つのマウスで2台のコンピュータ間を自由に行き来できる機能も搭載されています。例えば…iMacの横でWindows機を使いたい場合、複数のマウスを使わずともマルチディスプレイを使っているように1つのマウスで操作が出来るんです。

ロジクール M590 レビュー

ロジクール M590 レビュー

裏蓋を外すと乾電池を入れる場所があります。乾電池は最大24ヶ月使えるという事なので…ほぼ電池切れの心配はないと思います。またワイヤレスアダプターを収納出来る場所も本体内にありました。

また自分はBluetooth接続で使っていますが、動きも安定しているし満足です。(※ワイヤレスアダプターを使った方がさらに安定した動きをするようです)

Logicool Options

Logicool Options

Macでマウスにボタン操作を割り当てるためには専用ソフトをダウンロードして使う必要があります。

Logicool Options

ELECOMのマウスも何回か使っていますが…設定ソフトが微妙に使いにくかったんです。ロジクールの「Logicool Options」というソフトは今回初めて使いましたが…これは素晴らしい!Macでもバッチリ何の問題もなく使えました。

Mac 多機能マウス

M590には全部で7個のボタンがあり、Logicool Optionsを使うと右ボタン、左ボタン以外の5ボタンに機能を追加する事が出来ます。自分は親指で操作する2つのボタンに「デスクトップの表示」と「Mission Control」を割り当てました。

マウス Mission Control

マウス Mission Control

自分は「Mission Control」という機能が本当に好きで多用するんですが…Magic Mouse2の場合は2本指でマウスの上をダブルタップするのが微妙に使いにくかったので物理ボタンで一発起動はやっぱり便利です。

Mission Control

ちなみにキーボードは東プレREALFORCE(リアルフォース)91Uを使っているのでカチャカチャと打鍵音が大きく、マウスを静音にしても意味が無いと思われそうですが…Realforceの打鍵音は気持ちいいんです(笑)

キーボードの打鍵音だけが聞こえてマウスのクリック音が静かだと、さらにタイピングが気持ちよくなります。以上、ロジクールの多機能静音マウス「M590 MULTI-DEVICE SILENT」を簡単にレビューしてみました。それじゃ!また!

2017年8月11日 追記

iMacでBluetooth接続のイヤホンを使うと…電波が干渉するのか動きが悪くなる事があります。こういった事は純正のMagic Mouse2ではなかったので…他社製マウスを使う事は一長一短あるなぁ…としばらく使って思いました。

でも、持ちやすいしMagic Mouse2より手首が疲れないしクリック音も静かだし気に入っています。

2017年8月15日 追記

Bluetooth接続のイヤホンが干渉する問題は…Bluetooth接続からUnifyingレシーバー経由の接続に変更する事で解決しました。もしロジクールのマウスとMacの組み合わせで接続が安定しないと感じる事があったらお試しを。

▼Mac mini (Late 2012)が予想以上の価格で売れたので…思わずマウスを買っちゃった感じですね(笑)

▼エレコムの5ボタンマウス「EX-G」を使った事もあります

▼超絶お気に入りのキーボード「Realforce 91U」