HHS

変デジはてな支所

可愛いセルロイドのミニ万年筆 大西製作所の「金魚」を使ってみた!

しばらく前に文房具ライターのid:fumihiro1192さんが【最後の入荷!10本だけ】大人なら買っておくべし!大西製作所のミニ万年筆『金魚』という記事を書いていて、凄く可愛くて印象に残っていたんですよね。

で、少し前にフミヒロさんに会ったとき「そういえば、あの金魚って万年筆どうですか?書き心地とかいいんですか?」と質問したら『試しに使ってみる?』と言われ…何と我が家にやってきました…可愛いセルロイドの万年筆が!

広告


大西製作所 セルロイド万年筆 ミニ 金魚柄

大西製作所 セルロイド万年筆 ミニ 金魚柄

はい、こちらが大西製作所の「セルロイド ミニ万年筆 金魚」です。最初にリンクした記事も書いてありますが、岡崎市の万年筆と紙と文具の専門店ペンズアレイタケウチさんに10本だけ入荷したうちの1本です。それでは細部をチェックしてみましょう。

万年筆 金魚

手作りで削り出されたセルロイドの万年筆は優しい手触りです。鮮やかな赤と白が確かに金魚っぽく見えますね。手作りで1本1本違いがあるという事なので自分だけの万年筆というイメージも強く所有欲が満たされます!

セルロイド 万年筆

手に持つとこんな感じです。実はこの万年筆「セルロイド万年筆 ミニ 金魚柄」というネーミングから分かるように…普通の万年筆より小さいサイズなんです。

ミニ万年筆

自分が愛用しているラミーのサファリと並べてみると確かに小さい!プラチナからも同じような金魚柄の万年筆が発売されていますが、個人的にこの可愛いサイズ感が「金魚」というネーミングにピッタリだと思いました。

大西製作所 金魚

ペン先はスチールでSCHMIDT IRIDIUM POINTと刻印が押されています。中央にはFの文字が。今まで安い万年筆しか使ったことがなかったのでこういう細かい部分も気になるし魅力的に感じます。

大西製作所 金魚

ヨーロッパタイプのインクカートリッジを使用する万年筆になっていました。ちなみにフミヒロさんは金魚にぴったりな赤色のインクで使っていたのでそのまま自分も赤インクで使ってます。

万年筆 インク 赤

実際にこのインクと金魚で書くとこんな感じでした。

大西製作所 金魚

この万年筆の癖でしょうか?最初の書き出しが少しインクが多く出るような感じで、少し文字を書くとそれからは滑らかにスラスラと書けました。自分はカメラでも文房具でも少し癖があるものが好きなので…このセルロイドの万年筆も使いこなしたいなぁと思いました。

はい!以上少し長くなりましたが大西製作所の「セルロイド万年筆 ミニ 金魚柄」をレビューしてみました!ちなみにフミヒロがこの万年筆を購入したペンズアレイタケウチさんは凄い数の万年筆を取りそろえているので万年筆が好きな方は是非チェックを!それじゃ!また!