HHS

変デジはてな支所

【納豆とろろうどん】夏の疲れをネバネバ食材でぶっ飛ばそう!

一般的に8月末から9月初旬は夏の疲れがどっと出る時期です。疲れた身体にはネバネバ食材がオススメです。納豆、とろろ、メカブ。などなど今回紹介するレシピにも含まれるこれらの食材には「ムチン」という粘り成分が!このムチンは、胃腸の調子を整えたり、疲労回復に効く成分として有名です。


広告


納豆とろろうどん

そんなムチンを含むネバネバ食材を使ったうどんのレシピを紹介します!納豆とろろうどんです!

f:id:lonestartx:20150831181531j:plain

作り方

まず、カップ納豆をグルグルと混ぜます。(付いているタレや辛子などは使いません)そのカップに「すりおろしたとろろ」をすり切りまで入れます。混ぜにくい場合は違う器に移して、さらにかき混ぜます。

冷たいうどんに「めんつゆ」をカップ1杯程度いれ、その上に先ほどの「納豆とろろ」を。さらにカップタイプの「めかぶ」を半分ほど入れ、スーパーなどに売っている「山菜ミックス」を適量。

天かすやかまぼこなどをお好みで入れて最後に刻み海苔を。

食べる時は一気に全部かき混ぜて!ネバネバ食材がうどんと絡みあい、、、最高に美味しい一品になります!夏バテ解消にオススメです!