HHS

変デジはてな支所

土橋正さんのペンケースの中身。

以前文房具朝食会に参加しました!3/10「どですか(名古屋テレビ)」で放送されました!という記事を書きましたが、本日地元岡崎市で「文房具朝食会」が開催されました!今回の文房具朝食会は、、、竹内文具店にて開催!しかも、、、ゲストが!

 

f:id:lonestartx:20140426131003j:plain

土橋正さんがゲストでした!

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

モノが少ないと快適に働ける: 書類の山から解放されるミニマリズム的整理術

 

 今回はこちらの「モノが少ないと快適に働ける」という書籍の内容をメインにトークショーが開催されました。参加者からの質問などにも詳しく答えてくれましたよ。

f:id:lonestartx:20140426131446j:plain

f:id:lonestartx:20140426131505j:plain

こちらは土橋さんのペンケースです。ミニマリズムを追求したという中身は、、、

f:id:lonestartx:20140426131601j:plain

こんな感じでした!本当に使う文房具などを、1アイテム1つに絞って入れていました。このペンケースの中身だけで一日の仕事をこなしているそうです。分かりやすく書くと、シャーペンなら一本、黒の鉛筆1本、消しゴムやマスキングテープなど、それぞれが1つだけ入っていました。

以前は職場のデスクの上や引き出しの中にペンや文房具が溢れるほどだったんですが、本当に使うものだけに絞っていく方が仕事も効率的に、さらにデスクや職場もシンプルに集中できるとの事でした。

詳しくはモノが少ないと快適に働ける―書類の山から解放されるミニマリズム的整理術を読んでいただくのが1番だと思います。

鉛筆を最後まで使った事がありますか?

特に印象的だったは本当に気に入った文房具を使い続けると、今まで見えてなかった事が見えてくるんです。鉛筆は使えば短くなっていきます。短くなった鉛筆を見ると「このなくなった部分だけ自分は仕事をしたんだ」と実感出来るとの事でした。

万年筆であればインクがなくなる、消しゴムであればすり減っていく、これを目で見て実感する事で今まで感じなかった達成感なども感じる事が出来たと話されていました。

たしかに最近の文房具ブームで、新しいペンを買えば、以前使っていたペンは使わなくなって、万年筆でもお気に入りがあるけど新しい万年筆を買ってしまえば、それにインクを入れて使うので、、最後まで文房具を使い切った!という事が少なくなっていました。小学生の頃などは何でも最後までしっかり使っていたのに。

竹内文具店

f:id:lonestartx:20140426131358j:plain

今回文房具朝食会が開催されたのは岡崎市にある文房具店です。特に万年筆コーナーの充実っぷりが凄いんです!

f:id:lonestartx:20140426135047j:plain

f:id:lonestartx:20140426135055j:plain

前回参加した文房具朝食会は、好きな文房具についてみんなで話す的な会でしたが、今回はトークショー的な内容でした。朝から朝食を食べながら文房具について語る会「文房具朝食会@名古屋」是非チェックしてください。

文房具朝食会@名古屋 | Facebook